ラヂきし寄席
ラヂきし寄席

泉州の小学生が毎回前座!落語と講談、愉快な寄席です。
大笑いしたり、感動したり、ドキドキしたり、生の高座は楽しいですよ。お気軽に遊びに来てくださいね。 



★次回のラヂきし寄席について

令和2年6月15日(月)は中止となりました。ご理解ご了承下さい。

 

第26回 ラヂきし寄席 2020.3/2(月) 開催
¥ 0

新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴い、
今回の小学生前座は延期いたします。
御迷惑をおかけしますが、ご理解のほど

よろしくお願いいたします。
前座は小学生落語家を指導されている「ぱふく亭笑音」さんが
つとめてくださいます。
会場にはアルコール消毒液を設置します。
微熱の方はご遠慮いただき、マスクで咳エチケットの上、
ご参加ください。

 

第26回「ラヂきし寄席」3月2日(月曜日)
18:30開場 19:00開演
木戸銭 1,000円 小学生以下 500円

泉州の小学生が毎回前座!
落語と講談、愉快な寄席です。
大笑いしたり、感動したり、ドキドキしたり、

生の高座は楽しいですよ。
お気軽に遊びに来てくださいね。

 

 

------------------------
【出演者紹介】

月亭遊方 (つきてい ゆうほう)
1964年西宮市出身。1986年月亭八方に入門。
ローリングストーンズと猫と下戸なのにバーのカウンターをこよなく愛し、キャンプファイヤーレベルのギターでロックバンドも組んでいる。
躍動感あふれるスタイルを貫く自称“高座のロックンローラー” 。
アクティブなインドア派である。
2008年繁昌亭大賞創作賞受賞

--------------------

笑福亭飛梅(しょうふくてい とびうめ)
1981年京都府舞鶴市出身。2008年笑福亭松枝に入門。
鳶職から落語家へ。前職では高い所は平気であったが

高座はいつもドキドキしている。
大好物はお酒
落語界では2、3年に1人の逸材と言われている。
好きな言葉
なんとでもなる

----------------------

旭堂 南舟(きょくどう なんしゅう)
会社員を経て平成20年3月に上方講談協会会長・旭堂 南左衛門に入門
3年後岸和田市に引っ越し、初めて『旭堂南舟 講談会』を開催。

岸和田市立自泉会館、岸和田市立浪切ホールで『旭堂南舟 独演会』
杉江能楽堂、マドカホール、岸和田グランドホール、テレビ岸和田出演。

岸和田だんじり会館でだんじり講談など。

ラヂオきしわだ「旭堂南舟の我武者らぢお」の番組パーソナリティ。

 

----------------------

月亭希遊(つきてい きゆう)

1988年滋賀県出身。2017年月亭遊方に入門。
入門前はお笑い芸人として活動し2009年にコンビで

ワッハ上方アマチュア演芸コンテスト審査員特別賞受賞。
病み上がりの内村航平のような風貌で古典落語はもちろん、

新作落語にも取り組み、見た人の心に残る落語家になれるように日々を生きる。